共和党のアメリカ大統領一覧とその評価

現在のトランプ大統領は、共和党からの選出です。

アメリカ政治は共和党と民主党の2大政党制でどちらかの政党から大統領候補として選出されない限り、アメリカ大統領になることは出来ません。

これまで、アメリカ大統領は民主党出身者と共和党出身者がほぼ交互に勤めてきていて、4期連続で同じ政党が政権を維持していたことはありません。

そこで、第二次大戦後における共和党のアメリカ大統領一覧とその評価をまとめてみました。




第二次大戦中は、日本に宣戦布告したフランクリン・ルーズベルト大統領、後を継いだハリー・S・トルーマン大統領と民主党政権の時代でした。

第二次大戦後から現在に至るまでは、ほぼ交互に共和党と民主党の間で政権交代が行われてきています。

第二次大戦後における共和党出身のアメリカ大統領は下記の通りです。

■第二次大戦後における共和党出身のアメリカ大統領一覧とその評価

★ドワイト・D・アイゼンハワー

・在任期間
1953年~1961年

・業績・評価
第二次大戦中にヨーロッパにおける連合国軍指揮官を務めた生粋の軍人。

1960年に訪日が計画されていましたが、当時、国内で激しくなっていた安保反対運動で大統領の身の安全が保証できないという日本側からの要請で訪日は実現しませんでした。

また、第二次大戦における日本に対する原爆使用に反対したとされています。
アメリカ国内での評価は、”結局何もしなかった”大統領という見方が有力です。

★リチャード・ニクソン

・在任期間
1969年~1974年

・業績・評価
ニクソンショックという言葉は、今も新聞やテレビで見聞きすることがあります。

ニクソンショックとは、1971年にニクソン大統領が金とドルの交換停止と同時にそれまでの1ドル=360円という固定相場制を停止、現在に至る変動相場制に移行させた経済政策のことを意味します。

もう一つ世界を驚かしたことは、それまで敵対関係にあった中国を電撃的に訪問、国交に道を開いたことです。

この電撃的な訪問は、当時の田中角栄首相の中国訪問、国交回復という行動を引き起こしました。

また、2期目の大統領選挙の選挙運動の最中にウォーターゲートにある民主党本部に自身の関係した運動員が侵入・盗聴したことで逮捕された責任をとり、2期目の任期途中で辞任したことでも世界を驚かせました。

この一連の不祥事はウォーターゲート事件として、現在も世界に広く知られています。

とにかくニクソン大統領は任期は5年でしたが、後世に語り継がれる政策や事件を引き起こしたことで、歴代アメリカ大統領の中でも最も記憶に残る人物とされています。

ニクソン大統領は、ウォーターゲート事件で失脚したことで評価は最悪でしたが、近年、為替相場を変動相場制に移行させたことや中国との関係正常化に道を開いたということでその功績が再評価されています。



★ジェラルド・R・フォード

・在任期間
1974年~1977年

・業績・評価
副大統領として仕えていたニクソン大統領がウォーターゲート事件で失脚したため、アメリカ合衆国憲法により、副大統領から大統領に昇格しました。

フォードは、前任の副大統領が辞任したため就任したもので、国民の直接選挙の洗礼を受けたことのない初めての大統領でした。

1974年11月18日に現職のアメリカ大統領として初めて日本を公式訪問し、昭和天皇と会見しました。

1975年には天皇として初訪米した昭和天皇を迎えました。

これは、まだ戦争の傷跡・憎悪が少なからず存在していた日米両国にとって歴史的な出来事として記憶されています。

★ロナルド・レーガン

・在任期間
1981年~1989年

・業績・評価
ロナルド・レーガンは、前任の民主党カーター大統領に記録的な得票差をつけて当選しました。
在任中の最大の功績は、”強いアメリカ”を広言し、軍事力増強を進めたことで当時、経済的に行き詰まっていたソビエトが白旗を掲げたような形で、冷戦を終結に道を開いたことです。

俳優出身の明るいキャラクターは、アメリカの父として党派を問わず愛され、現在でも共和党政治家に大きな影響を与えています。

日本との関係では、当時の中曽根首相と”ロン・ヤス関係”とよばれる親密な関係を結びました。



★ジョージ・H・W・ブッシュ

・在任期間
1989年~1993年

・業績・評価
第二次大戦中の1944年マリアナ沖海戦で日本機の銃撃によって、中尉時代の1944年9月2日には小笠原諸島沖で父島地上砲台の対空砲火を浴びて乗機を撃墜されましたが、いずれも味方に救助され生還するという経験を経ています。

1991年1月17日には、湾岸戦争に参戦することを決定、勝利を収めたことで、支持率は歴代大統領最高の約90%を記録しました。

しかし、その後、経済政策に失敗したことで再選をねらった大統領選挙で民主党のダークホース的な候補だったクリントンに敗北。

カーター、フォードに続く3人目となる1期だけの大統領に終わりました。

日本と直接戦った経験がありましたが昭和天皇の大喪の礼に参列しました。

★ジョージ・W・ブッシュ

・在任期間
2011年~2009年

・業績・評価
2代前の大統領だった父親が生きている間に大統領になったアメリカでは珍しい世襲政治家。

2001年9月にアメリカで発生した同時多発テロ事件後、「テロとの戦い」を宣言。

アフガニスタン侵攻を決断、ターリバーン政権を倒しアルカーイダを壊滅させて、ウサーマ・ビン・ラーディンを殺害することを命じた。

2003年3月には、大量破壊兵器の存在を理由にイラク侵攻を命じ、フセイン政権を打倒しました。

このイラク侵攻に関しては後に”大量破壊兵器の存在”が確認できなかったことで、そもそもイラク侵攻に正当な理由があったのかということで国際的な非難を浴びました。

また、このことで中東から強い嫌悪感を示されています。

アメリカ国内でも同様の非難を浴び続けたことで平和・対話志向のオバマ政権の誕生につながりました。

日本との関係では、小泉首相と個人的に親密な関係を築きました。

★ドナルド・トランプ

・在任期間
2017年~

・業績・評価
オバマ政権時代で行われてきた政策を全てひっくり返すような政策を実行しています。

国内の政策では、オバマ時代に実現した日本の国民皆保険制度のような健康保険制度の停止、移民に対する規制強化。

対外的には貿易不均衡是正を目的とした特に中国に対する敵対的な政策。
また、オバマ時代に融和したイランやキューバとの関係の見直しによる関係悪化。

日本からみるとこんなメチャクチャナ人物がなぜ大統領にという声も少なくないようですがアメリカでは、一定の支持を得ているのです。

対抗する民主党からは、現状、強力な大統領候補が出ていませんので、このまま特に大きな失政やスキャンダルがなければ、再選も十分ありえるという見方が有力です。



北朝鮮でクーデターが起きない理由をわかりやすく説明します。

これまで北朝鮮の指導者が死去するたびにクーデターが必ず起きるということが政治評論家や北朝鮮専門家から発せられてきました。

でも、専門家の期待に反して?北朝鮮では建国以来、現在に至るまで一度もクーデターが起きたことはありません。

そもそもクーデターとは、フランス語で”国家への一撃”を意味します。
これまでの世界の歴史では、”国家への一撃”を行うのはほぼ100%軍隊です。

北朝鮮でクーデターが起きない最大の理由は、北朝鮮の政権が軍隊をうまく監視・コントロールしているからです。

そこで、まず北朝鮮における軍隊の位置づけについて説明します。



■北朝鮮の軍隊は朝鮮労働党の軍隊

北朝鮮のような共産主義国の軍隊は、国家の軍隊ではなく、国家を指導する共産党(北朝鮮の場合は朝鮮労働党)の軍隊ということになります。

軍隊の名前が朝鮮軍ではなく、党の軍隊を意味する朝鮮人民軍となっているのはこのためです。ちなみに中国の軍隊は、人民解放軍です。

つまり、朝鮮労人民軍のトップは朝鮮労働党の党員でもあるため、労働党の最高指導者金正恩に無条件で忠誠を誓う立場にあるのです。

朝鮮人民軍の参謀総長・大将といった軍のトップクラスでも朝鮮労働党という党のなかでは必ずしも指導者層に位置しているわけではなく、朝鮮人民軍全体が朝鮮労働党の指導に従い、活動しているのです。

■朝鮮人民軍の最高幹部の人事さえ朝鮮労働党の承認が必須とされる組織体制

朝鮮人民軍の参謀総長・大将といった最高幹部に誰が就任するかについては、朝鮮労働党の核心組織ともいえる組織指導部の承認がなければ行えない仕組みになっています。

仮に人民軍の中でこの人物は優秀だから来月から大将に昇進させようと思っても、その昇進内容とその人物の賞罰情報等を組織指導部に通知して審査・承認を得ない限り、大将には簡単にはなれないのです。

この段階で体制から好ましくないと判断された人物は除外されていくのです。

このように、朝鮮人民軍の指導者層には反体制的な人物が就任できないようになっていることがクーデターが起きにくい環境を作り出しています。



■朝鮮労働党の指示に従わざえるを得ない朝鮮人民軍の実態

朝鮮人民軍には、職業軍人の他に政治将校という共産主義国の軍隊特有の幹部がいます。
政治将校の役割は軍幹部及び軍隊が党の指導に従っているのか監視することにあります。
実際、軍が大規模な作戦や軍隊の移動をしようとする際、必ず事前に政治将校の承認を得る必要があります。

朝鮮人民軍の場合、参謀総長・大将といった職業軍人のトップの上に総政治局長という政治将校の最高幹部が君臨していて、職業軍人が勝手な行動ができないような仕組みになっているのです。

このような軍における組織体制のため、朝鮮人民軍は、朝鮮労働党の指示に従わざえるを得ず、クーデターを起こすことが極めて困難になっているのです。

この政治将校という職務は、世界初の共産主義国ソビエトの軍隊、赤軍にクーデターを防ぐ目的で創設されました。
実際、ソビエトでは一度もクーデターは起きませんでした。同じ仕組みを持つ中国も同様です。

■朝鮮人民軍最高幹部に対する24時間監視体制とは

朝鮮人民軍最高幹部は、朝鮮労働党からその動向を日常的に24時間監視されています。
具体的には国防相、参謀総長・大将クラスは家に盗聴器が仕掛けてあり、会話や電話で何を話したかは全て監視下におかれています。

軍最高幹部自身も普段の会話や行動が24時間監視されていることは知っていますので事前に計画しないと実行できないクーデターについて話すらできない状況となっています。
このような軍幹部に対する徹底した監視のため、クーデターを実行するどころか計画すらできないという状況にあるのです。

仮に金正恩に不満を持ち、同じ考えを持つ他の軍人に電話で”金正恩を打倒するためにクーデーターを起こさないか”と連絡すると会話を盗聴している秘密警察が真夜中に幹部の自宅に急襲、逮捕・連行されるということになります。

実際、金正恩の名代としてロシアを訪問したものの、思うような成果をえられなかった当時の国防相が金正恩に対して不満を述べたところ、その場で逮捕、処刑されるということが起きています。



■金正日総書記が始めた先軍政治とは?

クーデターが起きる最大の理由は、時の軍隊が国家に対して何らかの不満を持つことに起因しています。

金正日総書記時代、全てにおいて軍が優先するとする”先軍政治”を行いました。

これは、1990年代にソ連をはじめとした共産主義国が崩壊していく過程で、当時の東欧の共産主義国として北朝鮮と親密な関係にあったルーマニアで軍隊によって大統領が処刑されていくのを目の当たりにした金正日総書記が、軍の恐ろしさを実感したことで始めた政策でした。

”先軍政治”とは、具体的には軍最高幹部に対して人事面からは金正日の覚えめでたい軍人が中将から大将に昇進しやすくしたり、経済的な面からは、豪華な住宅を提供。

また、時に応じて高級車をプレゼントする等で、政権に対する不満がでにくい環境作りに取り組みました。

このような環境のため、軍の最高幹部は、政権と利益を共有するような関係となっており、政権を打倒することが目的のクーデターを起こす動機そのものが希薄になっているのです。

つまり、軍幹部からすれば、クーデターを起こすことで失う利益のほうが遥かに大きくなっているため、仮に体制に不満があったとしても行動を起こしにくいのです。

■クーデターを抑止するための金正恩直属軍とは

朝鮮人民軍の中には金正恩の警護を専門に担当する軍隊が平壌に存在しており、軍の精鋭が集められているとされています。

この軍隊は金正恩直属で、もし、地方の軍隊がクーデターを起こしたとしても、この部隊が鎮圧することになっています。

ですので、そもそもクーデターを計画することすら困難なうえ、起こしたとしても勝ち目のない金正恩直属部隊と対決することになるのです。

以上のようなことから今後も北朝鮮においてクーデターはまず起こりえないと思います。


■まとめ

①クーデターは、その国の軍隊によって引き起こされますが北朝鮮の軍隊である朝鮮人民軍は組織的に朝鮮労働党の指導に従わざるを得ないため、クーデターを起こすどころか計画すら出来にくい状況にあります。
このことが建国以来、北朝鮮で一度もクーデターが起きていない最大の理由となっています。

②朝鮮人民軍の組織には、職業軍人を監視するための政治将校が配置されていて、クーデターを防止する役目を果たしています。

③朝鮮人民軍の国防相、参謀総長クラスの最高幹部はその会話内容を24時間盗聴されていますのでクーデターの”クの字もいえない”状況に置かれているため、今後もクーデターを起こすのは極めて困難です。

④朝鮮人民軍の幹部クラスは豪華な住宅を提供される等、好待遇のため、そもそもクーデターを起こす動機が希薄になっていることがクーデターが起きにくい状況をつくりだしています。



共産党支持?とされる芸能人一覧と機関紙赤旗日曜版との関係

共産党と芸能人の関係、つまり、”共産党を支持している芸能人は誰”ということに対して関心を持つ人は多いです。

その大きなきっかけとなったことは、桐谷健太、AKB48の内山奈月や藤原紀香、嵐の相葉雅紀といった一般に大きく知られる大物芸能人が日本共産党の機関紙である”しんぶん赤旗(以下赤旗)”に写真入で登場したことにあります。




共産党に縁遠い人からすると”共産党の機関紙赤旗に登場=共産党の支持者・シンパ”という図式が思い浮かぶようですが、実際にはそう単純ではありません。

いわゆる大物芸能人が登場したのは、ほぼ全てしんぶん赤旗日曜版です。

赤旗日曜版といっても、実際に目にしたことがない人が大半だと思いますので、簡単にその概要や特長を簡単に説明します。

赤旗日曜版の概要と特長

共産党機関紙赤旗とは別物

赤旗日曜版は、日刊紙である共産党機関紙赤旗とは別物で週刊誌という形態です。

実際、下記の広告をみると一般の週刊誌かと思うくらい、共産党色は希薄です。

共産党がなぜ一般紙のような週刊誌を発行しているかというと中心購読者である共産党員も一般の国民とおなじように社会ネタ・日常生活ネタ・芸能ネタに情報ニーズがあるからです。

発行部数は約100万部

赤旗の日曜版は約100万部もありますので、下手な週刊誌や地方新聞よりも影響力が大きいことが特徴です。

赤旗日曜版は一般紙志向

以前、赤旗の編集局長は、”ライバルは朝日新聞や読売新聞”と語っていたことがあります。

つまり、赤旗は共産党機関紙ではあるものの、共産党に関わる政治記事だけではなく、事件や芸能情報等、一般紙で掲載されている情報も扱うという編集方針の下、発行されているのです。




最近でも毎週のように芸能人が赤旗日曜版に登場しています。

赤旗日曜版に登場した芸能人一覧

最近、しんぶん赤旗日曜版に登場した芸能人一覧

瀧本美織、長谷川博巳
他に稲森いずみ、松本幸四郎、藤竜也、東出昌大、黒木華等多数

上記の芸能人は、いずれも赤旗日曜版の”ひと”欄に登場し、自分が出演するドラマや映画を軸にインタビューを受け、記事化されています。

たとえば、2019年6月2日号のしんぶん赤旗日曜版では、
”ひと”欄に女優 瀧本美織が、ドラマ「仮面同窓会」出演というタイトルで登場。

クライムサスペンス・オトナの土ドラ「仮面同窓会」(東海テレビ・フジテレビ系、原作・雫井脩介)でヒロインの竹中美郷を演じたことに関するインタビュー記事となっています。

桐谷健太もドラマ「水族館ガール」に主演した俳優として登場しました。

つまり、赤旗日曜版に登場したといっても芸能欄にインタビュー形式で記事化されていますので政治的な要素は全くありません。

赤旗に登場した芸能人=共産党支持者・シンパではありません。

上記から、赤旗の紙面に登場したからといって共産党支持者・シンパというわけではないのです。
赤旗編集部も共産党支持の芸能人しか登場させないということではないようです。

ただ、全くの共産党嫌いであれば取材に応じないというのも事実だと思います。

この点で、創価学会の信者の芸能人しか登場しない聖教新聞とは根本的に異なります。

芸能人サイドからすれば、自分の出演したドラマやテレビを広く知ってもらえるというメリットは大きいですので、こちらが考えているよりは共産党の機関紙に登場するハードルは低いようです。

また、芸能人からすると他の週刊誌にくらべ、赤旗はゴシップ記事は載せないという安心感があることも大きいようです。

異例の登場の仕方だった藤原紀香とAKB48の内山奈月

ただ、芸能人でも藤原紀香は、芸能記事枠ではなく日刊赤旗の政治欄にしかも4回に渡っての登場でしたので、”藤原紀香=共産党シンパ・支持者”という見方が一気に広まりました。

実際には藤原紀香は、特に共産党支持者というわけでないようですが、そう思われても仕方ないような登場の仕方でした。

一方AKB48の内山奈月は、憲法に関する記事に登場していましたので、大きな反響がありました。

記事は、憲法に焦点を絞ったものでしたが、ほぼ共産党の政策方針に沿った内容でしたので内山奈月がこんな所になぜ出ている?という驚きともしかして”内山は共産党支持者?”という懐疑が広まりました。

日本には”共産党嫌い”が少なからず存在しますので国民的なアイドルがこのような政治色の強い記事に登場することで、ファンを失う可能性も少なくありません。

共産党支持を明確にしている有名人や芸能人

一方で、共産党支持を明確にしている有名人や芸能人が存在するのも事実です。

古くは、鉄腕アトムの生みの親、漫画の神様と称される手塚治虫氏は共産党シンパだったとされています。

また、作家の瀬戸内寂聴さんは、選挙のたびに共産党に投票すると公言しています。

”家政婦は見た”の家政婦役がはまり役だった市原悦子さんも支持を公言していました。
また、、ユニコーンの奥田民生は、父親が共産党だと公言してましたが、本人が支持者かどうかは不明です。



共産党シンパとされる有名人・芸能人一覧

共産党シンパとされる有名人・芸能人は、共産党の記念行事等に実名でお祝いを寄せることが通例です。

最近だと、「しんぶん赤旗」日曜版の創刊60周年を記念して、以下の方々が紙面上で祝意を表しています。

同じ赤旗日曜版に登場するといっても芸能記事である”ひと”欄に登場するのと全く異なります。

いわば、能動的に共産党を支持しているのに等しいです。

共産党シンパとされる有名人・芸能人一覧

作家 赤川次郎さん

生活研究家 阿部絢子さん

エッセイスト 海老名香葉子さん

俳優 大竹しのぶさん

オペラ歌手 幸田浩子さん

日本棋院副理事長・九段 小林覚さん

将棋名人 佐藤天彦さん

俳優 白石加代子さん

作詩家・作家 なかにし礼さん

歌舞伎俳優 中村芝翫さん

俳優 奈良岡朋子さん

沖縄音楽ボーカルグループ ネーネーズ

演歌歌手 福田こうへいさん

俳優 冨士眞奈美さん

歌手 松崎しげるさん

料理人 森野熊八さん

芸能人が共産党支持だと公言することのデメリットとは?

仮に著名な芸能人が共産党支持を公言すると様々なデメリットがあります。
具体的には以下の通りです。

NHKをはじめとしたテレビ出演が困難に

NHKは、テレビ局のなかで最も政治色のある芸能人には神経質ですので、共産党支持を公言した段階で”NHKのいかなる番組にも出演不可”となることは必至です。

他の放送局もほぼ同様ですので、仕事激減という事態に直面するリスクが高いです。

CMへの影響

CMスポンサーは必然的に大企業ですので、”大企業を敵視する共産党”の支持者となれば、CMの依頼は困難になること必至です。

まとめ

①共産党の機関紙赤旗に登場した芸能人=共産党の支持者というわけではありません。

②共産党のしんぶん赤旗日曜版には芸能記事を主に扱う”ひと”欄があり、芸能人は自分の出演したドラマや映画をアピールするために登場しています。

③共産党の支持を明言する有名人・芸能人は、共産党のお祝い事である記念行事等に祝意を表明しています。

④共産党への支持を明確にするとNHKをはじめとしてテレビへの出演やCMに起用されることが難しくなる等、デメリットが大きいです。